運送方法を考える


トラック学生の場合、できるだけ費用を抑える方法はいろいろとあります。いらないものはもっていかないというのもひとつでしょう。荷物が少なくなれば、必然的に費用が下がるからです。現在も一人で生活している場合には、余分なものを処分してしまうというのが方法となってくるでしょう。大きな家具で使わないようなものは、処分してしまうと容積が下がります。

大きなところでは、ベッドをやめて敷布団にすると、マットレスなどの手間と容積が減るため、小さな車両でも引越しが可能で、費用も下げられるところがポイントです。もちろん、処分するといっても捨ててしまうのではなく、リサイクルショップをうまく利用すれば、引越し費用に補填ができるようになるでしょう

荷物が少なくなったときに利用できるのが、フリー便や混載便です。こうした方法は、引越し業者の効率化を進めるために生まれてきました。時間の指定がなくなるフリー便は、合積みが基本ですが、空いている時間を狙って積みにきます。だいたいは午後になるのが一般的ですが、費用はかなり下がる方法です。混載便も似ていますが、時間の指定はできることがあります。ただし、容積はかなり限定されますので、大量の荷物があるときには利用ができません。どちらの方法も、かなりの経費削減につながりますので、状況を考えて利用してみるといいでしょう。


関連記事

  1. 学生の引越し
  2. 引越しは段取り
  3. 費用を抑えるポイント